パートをする上での注意点とは

パートとして働く意味を考える

パートをする上での注意点とは 主婦がパートで仕事をする時、子供が小さいと働ける時間帯や日数がネックとなり、なかなか思うような仕事が見つからないことがあります。時給が高くシフトの自由がきいて、扶養の範囲内でなるべく長時間働ける所となると、見つけるのは至難の業です。年齢が行くと頭では分かっていても体が動かなかったり、一度に沢山の物を覚えることが困難になります。そうすると職種によっては採用されないという事も出て来ます。

働く意欲はあってもなかなか生かせないもどかしさや妥協案を自分で見つけ、何とか折り合いを付けながら働きます。パートとはいえ、社会の一員として働くのだから責任があるし、だからと言って子育てに手抜きも出来ません。今は待機児童の問題もあるのでパートに出たくても出られなかったり、保育園が先か仕事が先かの様な堂々巡りになっている人も多くいると思います。

働く側にも雇う側にもそれぞれの立場でそれぞれの事情がある訳だから、全てが思い通りになることはありません。パートだからは言い訳にならないし、頑張っている人にはそれなりの報酬があっていいと思います。色々な縛りの中でやりがいのある仕事と出会えて、頑張ることがパート全体の立場の向上に繋がるのではないかと感じています。

Pick Up